NAIKEN.のこぼれ色


by 9-romitsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

伯爵令嬢の罪とは?


知人にお勧め頂き、
演劇を見に行って参りました。
寺山修司作『伯爵令嬢小鷹狩掬子の七つの大罪』
舞台美術が宇野亜喜良先生というなんとも素敵な演劇を。
場所は東京、いつものように夜行バスでの貧乏旅行で行って参りました。
バス車中では、またもや、寝れなかった。
緋村剣心はなぜあんなかっこうで眠れるのか?鍛え方が違うんやろうなぁ。
と、いつも同じことを思う。
上京するや否や近くのモスバーガーで朝ご飯を食べながらコンセントを占領して
仕事。粘るまで粘ってそれから、先日のチョイスで入選されていた楠森總一郎さんの個展へ。
きっちりとした技法に裏打ちされた楠森さんのセンスと
作品の中で静かに息づく世界観に刺激を受けっぱなしでした。
初対面だったのですが、とても親切にして頂きました。
ありがとうございました!
それから、ちょこちょことギャラリー周りをしているとすぐに時間はなくなり
もうすぐ開演という時間に。
今回はパソコンを持っての旅で空き時間はずっと仕事をして、徹夜2連で
もう若くない体には辛かったのですが(笑)
そんなことは一瞬で忘れ去る程の印象的な舞台でした。
演者の方々は本当に生命感溢れて美しく
黒色すみれさんの音楽は雰囲気ぴったりで劇になくてはならない存在感
宇野さんの美術は全てに見る楽しさを与えてくれました。
「表現する」ことって素晴らしい人間の特権だなと
改めて感じました。
こうしちゃいられないという気持ちです。
本物の宇野さんはとてもオーラがあって格好良かったです。
いつか堂々と話できる様になれるまで頑張らないと。

演劇は17日まで公演です。
東京にお住まいの方は是非見に行かれることを
お勧め致します!

[PR]
by 9-romitsu | 2010-04-10 02:00 | Comments(0)