NAIKEN.のこぼれ色


by 9-romitsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

illumination

個展「メリーゴーランドに栞をはさむように」が無事終了し、

感謝の気持ちを早く形に変えないと...!と

思っているところなのですが

今回は制作の段階において

お世話になったある力について

どうしても綴っておきたいので、

少し長くなりますが、書きたいと思います。

今展示において自分自身の中で肝となった作品は

「illumination」という作品でした。


c0170930_23233394.jpg



白い背景に文字が入ったこの絵は

普段から興味の対象である、「絵の中の文字」が

自然と自身の絵にも発現して出来上がり、

結果的に今までになかったタイプの作品となりました。

いつもより画面のモチーフ密度は低いものの

白い画面にテンションを張っていく制作は

スリリングで楽しく、なんとか自分の求める画面に

達することができたと思っています。(あくまで現時点の自分の、です。)

これがあらわれたひとつの要因が

制作前に、知人から教えていただいた

素敵なバンド、

PLASTICZOOMS

「illumination」という曲でした。

「僕が好きそうなバンドがある」ということで教えていただいて、

一番はじめに視聴した楽曲なのですが

どこか懐かしさを感じるサウンドと美しいメロディライン、クールなボーカルに一発で虜になりまして。

そこから、即ダウンロード購入(便利な世の中ですね...。)し、

制作中はこの楽曲を含むアルバム「SECRET POSTCARD」を

エンドレスローテーションで流すこととなりました。

音を楽しむ体験を久々に味わいました。

そして、今回の制作中、筆の走りに対して

確実に追い風を吹かせてくださったと思います。

のめり込んだ大きな理由というのが、

上記の好みに加え、こだわりとポピュラリティーの塩梅の美しさで

それが僕の理想と通じる部分があったからです。(←僕が勝手に感じてるだけです笑。)

楽曲を拝聴して、まさに照らす

「illumination」だと感じるやいなや

白く美しい画面が描きたくなったのでした。

それに、実は、以前から

「illumination」という言葉には興味がありました。

「illumination」は、「光」を意味する語を語源にもつ言葉なのですが

それは、「illustration」も同様だからです。

その理由については、まだ勉強不足なのですが

イラストレーションがいわゆる図解として

物事を「明るく照らす」=「わかりやすくする」からだ、

という一般説に加えて

光が関わる理由がまだあるからなのだと思います。

何より、やはり、絵は光ってほしいという望みが

僕には昔から根強くありますので

「illumination」という語が

改めて特別な響きをもって聞こえたのでした。

このような、自身の中での刺激的展開とご縁から

上の絵がタイトルとともに生まれたのでした。

ちなみに、バブーシュカさんで作っていただいた限定メニューの

クリームソーダも「illumination」にしていただいたのですが

こちらは、本当に文字通りキラキラ綺麗でした*→illuminationソーダ



あと、なんと個展初日に

PLASTICZOOMSのShoさんが...


c0170930_231748.jpg



お願いしたら、お越しくださりました...!

なんと、以前から僕の絵を知ってくださっていたらしく、

感動ですね。

本当にありがとうございました...!

PLASTICZOOMSはいま、ドイツに渡り、KAMIKAZEを吹かせ中です。

ご帰国が本当に楽しみです。



* * * NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2015-07-08 23:33 | 絵画 | Comments(0)