NAIKEN.のこぼれ色


by 9-romitsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

二人展「Lydia」

昨年に個展をさせていただいた

下北沢のバブーシュカ様にて

今度は二人展を開催しております。

c0170930_18314461.jpg



スリーピデミカラボラトリ×永井健一 二人展
《Lydia》

2016年12月5日(月)〜25日(日)
12時〜20時(最終日17時まで・水曜定休)



架空の少女Lydiaをそれぞれの手法、

あるいはコラボレーション制作にて描きます。




スリーピデミカ様は関東〜関西で大変ご活躍の作家様で

主にアクセサリーを制作されているのですが

そのどれもが、独自の視点と美意識で

誰もが一度は幼心に抱いたことのある空想や浪漫を

見事に具現化されていています。

以下、スリピデミカ様のプロフィールです。

「鉄道車両・機械設計の仕事を経て、

退職後 2011年4月より架空の睡眠研究所をコンセプトに

理科的であったり空想的なアクセサリーや雑貨作品を製作。

代表作として「温室の予備電球」シリーズ、「水面の手鏡」など。

関西・関東の店舗委託やイベント出展を中心に活動中。

2016年4月に初個展「The Sleep Epidemical Hotel」開催。

趣味はアンティークのジュエリーや古着を蒐集すること。」


今展示では、僕の絵を使用して実に素敵なものを作り上げてくださり、

また、ソロで素晴らしいLydiaオリジナル作品を制作されてます。



コラボレーション品を一部をご紹介します。

c0170930_1974773.jpg


こちらは《水面の手鏡「Lydia and fairies」》。

一見素敵なデザインの手鏡ですが、

裏から光をあてると...

c0170930_1975287.jpg


このように絵が幻想的に浮かび上がります。

原画は《読書をするLydia》

c0170930_1975914.jpg



会場に展示してありますので、

あわせてご覧ください。

この《読書をするLydia》に関しては

トリックを用いて撮られた写真なのか、

それとも、もともとは絵で、それが後世に複製されたものなのか

何もわかっていません。

ただ、リディアを森で見かけた人は多かったといいます。

他にも見応えあるコラボレーションが多数実現できたと思っております。

またとない機会ですので

ぜひ、ご高覧ください。


* * * NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2016-12-09 19:17 | 展示情報 | Comments(0)