深き淵より呼ぶ声のする/アビス

今回の左ききのゴーシュこと青月さんの新曲

《深き淵より呼ぶ声のする/アビス》では、

氏の曲には珍しくご本人以外の声が使用されています。

これは、次の個展についての構想を話した時でした。

自分の存在を示す、とか世界に自分の居場所をみつけるだとかが

テーマになるので、個展のタイトルには歌もしくはsongが絡んでくると伝え、

青月さんと二人でお互いの今後についての考えを交換していたら

それなら次の個展用新曲には歌をいれましょうかと展開したのでした。

そのときにはすでに

歌詞がなくて、どこの国の言葉でもないものを歌ってもらおうと

具体的に話したことを覚えています。

色々な候補が浮かんだのですが、

僕の中で一番理想に近かったのが「hjarta」さんでした。

オリジナルの楽曲は下記よりお聴きいただけます。


儚くも芯の強い声

淡く物語を漂わせる空気の震わせ方がとても良いなぁと。

お願いしてみたら幸運にもご快諾いただきましたので、

今回、ご参加いただけることになりました。

CDをお届けできるのはもう少し先になるのですが

青月さんのセロとのかさなりが予想以上に良くて

素晴らしいです。

自分の絵を何倍も良く見せてくれる新曲を会場に授かることができました。

たくさんの才能に囲まれて

本当に自分は恵まれているなぁと

改めて感じました。

アビスの到着、楽しみにしていてください。

***NAIKEN.






[PR]
by 9-romitsu | 2017-12-30 03:06 | 展示情報 | Comments(0)