NAIKEN.のこぼれ色


by 9-romitsu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

詩像−4

いつから こんなに 夜と仲良くなったのかな

いつもボクのことを 寝かせまい寝かせまい とするね

キミに悪気はないんだろうけどさ

なんだってそう

付き合いが長いとだいたいのナカミって

わかってくる

白桃色のランプのそばで

柔らかそうな 真っ黒の毛布を抱えて待っていたキミ

あのころボクは足跡の化石より小さくて

そんなキミが少し怖かったんだよ

野いちごのような小さな灯りは

朝日に紛れるまで残したままだったね

キミはいつボクとの遊びに飽きて帰っていくの

いまはもう 知ってるつもりだけど

あの頃は知らなかったよ

キミの帰り際は とってもきれいだってこと






c0170930_0501558.jpg

《夜鳴り》by NAIKEN 2008
[PR]
Commented at 2008-09-27 09:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by むりむり at 2008-09-27 09:43 x
あ、すいません。特に意味はなく、非公開にチェックしてしまいました…。
Commented by 9-romitsu at 2008-09-27 11:48
ご感想ありがとうございます。
こちらでは、公開、非公開を操作できないみたいです。
また、素敵な感想お待ちしてます。
----NAIKEN
by 9-romitsu | 2008-09-21 00:51 | | Comments(3)