NAIKEN.のこぼれ色


by 9-romitsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

絵を描く際には


必ずと言っていい程、
寓意像というのを絵の中にいれてます。

簡単に言うと比喩(?)といえばいいんでしょうか。
この絵の人物が持っているコンパスは幾何学を表している、とか
そんなかんじのものです。
伝統的絵画には当たり前のように含まれていました。
最初は、絵というのは単純に楽しむものではなかったから、なんですよね。
主題がないと絵ではなかった時代。
好きな絵が描けなかった時代。
そういった時代が長くありました。
それに比べると今は自由ですね(?)。
さておき、寓意というのは調べればとても興味深く面白いもので
自分も絵のテーマに沿って盛り込むのですが
それが
自分の描きたいもの と
絵のテーマ と
絵の構成、ムード に
全てぴったし違和感なく混ざった時はかなり嬉しいです。
ただ、途中で自分の首をしめているように感じる時のほうがまだまだ多いです。
もっともっと勉強しないと・・・ですね。


c0170930_11134822.jpg

[PR]
by 9-romitsu | 2008-09-28 11:24 | Comments(0)