NAIKEN.のこぼれ色


by 9-romitsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:未分類( 205 )

Nikaism Wonderland

これまで影響を受けたもの、数えきれないくらいあります。

人、絵画、音楽、映像、小説、武道・・・などなど

それぞれが細胞に刻まれ、今日のこの目の前の絵を産んでいます。

僕は煮詰まったとき、よくミュージックビデオを見ます。

それらも勿論、血に紛れ、流れては刺激を運んでいると思います。

中でも、ダントツに回数を重ねて見ているのが

HYDE氏の《SHALLOW SLEEP》ではないかと思います。

この映像を纏う神聖で淡い翡翠色の光が好きで、

拝見する度に何かを描きたくなる、僕にとっては創造の種に満ちた作品です。

この映像を産んで下さったのが二階 健監督。

今度、京都で初の個展を開催されるとのこと。

二階 健 関西初写真展「Nikaism Wonderland」

5月17日(木)~5月21日(月) 12時~19時
京都三条「Wright商會」2階 ギャラリー
(京都市中京区寺町三条下ル一筋目東入ル )
075-211-6635
入場料500円(ワンコイン)

「Wright商會」さんは大変雰囲気のある所ですので

二階さんの作品が飾られる光景を想像すると痺れます。

東京にて一度、偶然お会いできた二階 健様ご本人も本当に素敵な方でした。

会期中は二階様も在廊していらっしゃるそうです。

関西の皆様、是非とも*
[PR]
by 9-romitsu | 2012-05-11 02:22 | Comments(0)

灰色の火に照らされて

見て良かったと思える展示を拝見できた時

本当に疲れがフッと霧散、魂が熱を帯びていく感覚が染み渡っていき、

自分の制作にまつわる全てを顧みて気持ちを新たにします。

先日伺った展示でもその体験をいたしました。

昨年、その御作を一目見て虜に成った、ミストレス・ノール様の個展です。

ミストレス・ノール Mourning Objet Collection
《バレエ詩集〜半喪のパ・ド・ドゥ〜》

隅々までこだわりが行き届いた作品と

舞台さながらの展示会場

それを彩る共演者の調香研究家 千代様のフレグランス

揺ら揺らと厳かに薄墨の肌を灯し続ける

灰色の燈のような

これほど美に浸れる展示はそうありません。

心よりオススメ致します*

ミストレス・ノール様

《バレエ詩集〜半喪のパ・ド・ドゥ〜》
Zaroffにて開催中です。
5/14まで!
[PR]
by 9-romitsu | 2012-05-11 01:52 | Comments(0)

お久しぶりの京都

京都での展示が始まっております*

作家 横山浪漫さんがオープンなさった

ギャラリー&カフェ

「CAFE piture,sand,coffee&chicken」での展示です。

ギャラリースペースは2階にあり、

その名も「GALLERY DE REFUGE」

素敵ですね!

横山さんのセンスが反映された御店に

僕も早く伺いたいです。

以下、展示情報です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「春展」
at GALLERY DE REFUGE ギャラリー ド・リフージュ
4月11日(水)〜5月6日(日)※定休日:月・火(祝日は営業)
12:00〜19:00(最終日は17時迄)

22名の作家さんが参加されています。
それぞれ春をテーマに出品されています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ギャラリーオープン記念に開催された今展示、お招き頂き光栄です。

願わくば新作で参加させて頂きたかったのですが

叶いませんでした。最後迄粘りましたが間に合わず・・・。

情けない限りです。

というわけで、近作で参加をさせて頂いております。

先月大阪の亜蛮人さんで開催された企画展に出品した作品など

お気に入りの小品を出品致しております。


c0170930_019380.jpg

《呼吸浅く 眼を澄ませよ》


しかし、京都での展示は久しぶり!1年振りくらいでしょうか。

京都にお住まいの方やお近くに寄られるご予定のある方は

是非お越し下さいませ。


***NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2012-04-16 00:19 | Comments(0)

うるう

2月が猛スピードで・・・駆け抜けていきますね。

うるう?・・・うるうる。

1日と言わず、もう3日程ゴールを遅らせていただけないでしょうか。

フェブラリーの方が、チェブっぽくて良いですよ。

オレンジまみれですよ。爽やかですよ。

チェブラリーですよ。

トミーチェブラリー、とてもキュートですよ。

マーチ・・・てあれじゃないですか。

何か堅いじゃないですか。

それにマーチて名前の子が居たとしても

略されずマーチて呼ばれそうじゃないですか。

マ!

ないですよね。

マチ!

街、ですよね。

そんな3月、様々な出し入れがある月。

渦の様な月。

切なくもあり、輝かしくもある。

好きですよ、3月(文句言ってごめんなさい。)
[PR]
by 9-romitsu | 2012-02-28 01:04 | Comments(0)

幻の猫展*開催中

先日、開催中の企画展「幻の猫展」に在廊して参りました。

幻想的な作品が揃いながらも骨太な見応えある展示で

いち鑑賞客としても楽しんで参りました。

僕が出品したのは2作品です。

作家皆さんの許可を得ていないので会場全体は掲載しないでおくとして

こちら、永井の出品作です。

会場にお越し頂ける方の為にも詳細画像はまた会期後に・・・。


c0170930_22365624.jpg


下の作品は昨年大阪で展示した作品です。

今回は幻の猫の飼い主という設定で登場です。

《Je suis Marie.》

納めて頂けることになりましたので、ご高覧頂けるのは今展示のみとなるかもしれません。

上の絵は新作です。

《饗宴》

幻の猫との関連性は・・・ご自由に想像を膨らませて頂ければと思います。

一応ストーリーは持たせてあります。

是非、原画をご覧頂ければと幸甚です。

在廊した18、19日はアンドレ・ブルトンの誕生日と重なっていたこともあり

「溶ける魚の会」というユニークな催しも行われました。

そして、そこに・・・なんとブルトン氏が!

c0170930_22371073.jpg



あとで、皆で謝りました。ごめんなさい。

「幻の猫展」は28日迄。

画廊珈琲Zaroffにてご好評開催中です。

そして、あと特筆すべきがこちらの1階で頂けるココア*

種類が豊富で非常に美味しいです!

是非是非、お越し下さい。


c0170930_143871.jpg


『幻の猫展』

会期:2012年2月17日(金)〜2月28日(火)
   12:00〜20:00(17日、28日、最終日は19:00迄)
会場:画廊珈琲Zaroff

参加作家様(50音順/敬称略)

浅野信二  菊地拓史  きんすなご  栗栖有稀  クレ・イズ  桑原聖美  古賀郁  こやまけんいち  静  鈴木陽風  高田美苗  田谷京子  中井結美◆柘榴  松田珠江  百瀬靖子  永井健一

ライブも催されます*
【静(Shizuka)ライブ】
02/27(Mon.) 20時 開場・開演
1drink&present付 ¥2,500
各公演 定員14名 要御予約 Zaroff まで(03-6322-9032)

[PR]
by 9-romitsu | 2012-02-21 22:52 | Comments(0)
筆が遅いというのは僕の数ある弱点の一つ。

それでも、一昨年、昨年と少しづつ早くなってきているので

目も当てられない程ではなくなってきました。

特に昨年はバンバンっと新作をあげようと思えばあげれるスタイルも

訓練次第だなと体感できたことで

筆の判断力が僅かながらあがってきたかも・・・。

焦らず、描いていこうと思っています。

目下のところは「幻の猫」!

着々と進行中です。

こちら部分画像。


c0170930_2215627.jpg



c0170930_22152094.jpg



今回は要素の多い絵になりそうです。


僕は言葉から絵が開くことが多いので

今展示の「幻の猫」というタイトルに激しく

想像欲が刺激されています。

やはり、言葉は重要ですね。

最近はこのようなブログや

メール、ツイッターなどが普及しているせいで

言葉が容易に張り付いて

それも野ざらしになっているという時代です。

誤字や感情的な言い回し、下品な表現

目にするだけで不快になることが多々・・・。

文字は視覚的には単なる線や点の寄り添ったデザインですが

それのもつ影響力はとても強いです。

その文字自体には何の罪もないのですが

読み手の精神状態や環境、タイミングによって

それは怖いくらい読む人を揺さぶります。

良い意味でも悪い意味でも。


今回の様な素敵な日本語に出会うと嬉しくなってしまいます。

こういった良い影響をどんどん受けたいな。

近頃、本の活字から離れているので読む癖をつけないと。


ソレに比べて絵にはそれほどの振り幅、ギャップはないかも?

いやいや、作家の意図たるやどこへ潜んでいるのか

それは誰にも分からないです。

表現って面白い!

といっても、僕の絵に深い意図はあまりなくて。



そう、コトバ遊びの軽やかさと楽しみのようなものであれば良いなと。


あと、願わくば花を見る時の小確幸が訪れてくれることを願っています。


頑張って仕上げるので

是非、Zaroffへ*


***NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2012-01-22 22:54 | Comments(0)

雑記

先日、年始に地元神戸のシンボルともいえるポートタワーの傍を通ったら

いつもとライティングが違う気がしたのでパシャリ。


c0170930_0314212.jpg



気のせい??





真下から見上げたら月との共演が美しかったのでもう一度パシャリ。

c0170930_0315384.jpg


そして

c0170930_032835.jpg



たまたま見かけたネコ金魚に一目惚れに近い状態でフラフラと

ガチャガチャを回す。渋可愛い子がでてきた。よいですね*



c0170930_0322956.jpg





頂いた年賀状へのお返事。もうすぐ届くと思います。

遅くなって非常に申し訳ございません。

今年は前の記事で書かせて頂いた様に返信のみです。

送っても宜しい方がいらっしゃいましたら

お手数ですがご連絡頂ければ御送りさせていただきます。

見返しながら、

年賀状でしか長らくご挨拶を交わしていない方達も多いなぁ。

幸せそうな写真の載ったものからクオリティの高い作家さんからの年賀状まで

一枚一枚顔を浮かべながら有難く読ませて頂く年始の行事。

中には気になるニュースも。

流れていってるんだなぁ・・・時間。

同じ時代の中のそれぞれの時間。


徒然なるままに。

***NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2012-01-06 01:05 | Comments(0)

2012

新年明けました。

皆様良い年始をお過ごしでしょうか。

僕は長らく描き続けていた宿題を大晦日にやっと仕上げると

元日は久しぶりにテレビを見ながらぐうたらしました。

毎年の恒例となっている

旧友や大学時代にお世話になった方達との再会も無事に楽しむことができ、

さて、新しい年かかってこいという感じで臨戦態勢整え始めようというところです。

なかなスイッチ入らないんですけどね・・・。

2000年も早いもので小学六年生。

昨年は本当に沢山の方から御心遣いを頂戴し、

大変有意義な年を過ごす事が出来ました。

心より感謝申し上げます。

有り難うございました*

大きな出来事のあった2011年

絵を描いていられることに幸福と感謝を感じながら

今年も全力で絵に向かいたいと思います。

見れて良かったと言ってもらえるような絵が描けるように。

今年は来月からいくつもの展示が予定されています。

どこかでご高覧頂ければ嬉しいです。

本年もよろしくお願い申し上げます。



そして、新年一枚目の絵



c0170930_4265231.jpg




年賀状にしようと思います。


思います・・・ということはまだ出していない・・・です。

申し訳ありません・・・。

今年は出して良いかどうかの判断が難しい為、

基本的に戴いた方にのみ返信させて頂こうと思っております。


それでは、

改めまして

2012年も

宜しく御願い致します。

皆様にとって2012年が素晴らしい思い出と結びつく

良い年となりますように。

***NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2012-01-03 04:37 | Comments(0)

hurry・・・!

先日終了しました異人館での展示に

お越し下さった皆様ありがとうございました*

素敵なロケーションで展示できて良かったです。

洋館いいな。(羊羹もすき。)

異人館通りの屋根には沢山のサンタ。

慌てふためいている様子も愛嬌あって可愛かったです。

c0170930_21285580.jpg


今年の展示もこれで終了。(ですよね?)

今は、新作を制作中です*。

年明けからも展示が続きます。

あと、依頼頂いている絵も何枚か描かなくてはいけません。

ひとつずつチカラを尽くします〜。

こちら、制作中の新作。

右上に掛かる予定の額縁には

好きな画家の絵をオマージュとして。

誰の絵かわかるでしょうか?(少し変化を加えています。)

c0170930_2148149.jpg


最近は描いていく途中途中で写真をとって

バランスを見ながら仕上げていきます。

なので、制作途中段階の写真が結構残っていて

あとで見返すとなかなか楽しいです。

ぷぷ、へたくそ!ぷふー!と笑ったりして。

たまに途中の段階で完成度の高い絵になっているモノも

あって、それを結果ぶち壊した腕を嘆いたり。

今のこの状態の絵、どう壊れていくのか

結果をまたお知らせしますね。


***NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2011-12-23 21:52 | Comments(0)

おnew

先日、知人よりご依頼頂いて

iPhoneカバーを作らせていただきました。

こちら。



c0170930_2495994.jpg



そして、調子に乗って他の絵でも

作ってみました。

こんな感じです。



c0170930_2522734.jpg




c0170930_251235.jpg



自分の絵が立体物に印刷されるのはとても楽しいですね。

今度は、人形とか作ってみたいな〜*
[PR]
by 9-romitsu | 2011-12-04 02:55 | Comments(0)