カテゴリ:展示情報( 97 )

個展「 My first pictures 」特別企画
コラボレーション商品の通販受付が本日より開始です!

青月泰山さんが個展のために作ってくださった新曲
「どこから来て/ソルジェンテ」のCDとオルゴールを、
個展や演奏会にお越しになれなかった方たちにもお届けしたく、
前回に引き続き、受注制作させていただきます。

商品の詳細は下記をご覧ください。

実際のお申し込みは青月さんのサイトからとなりますので
文末のリンク先「青月舎」をご覧ください。

-------------------【商品詳細】

c0170930_21252981.jpg



◼︎『CD』 ¥1,500
※こちらは送料込みのお値段になります。

セット内容=================
・『どこから来て/ソルジェンテ』CD
・『my first picture』ポスター(パール加工、A4小)
・リボン留式、紙ジャケット
==========================

大作《どこから来て/ソルジェンテ》の楽曲に
今回の個展メインビジュアル《my first picture》の
ポスターをつけました。豪華なパール加工です。
ジャケットも楽曲に合わせて制作しました。

c0170930_21254773.jpg


◼︎『オルゴオル』 ¥4,700
※こちらは梱包の都合上、着払いでの発送になります。
ご了承くださいませ。

セット内容=================
・オルゴール本体
・永井健一直筆ミニドローイング
・製品説明書
==========================

-吟遊詩人の旅土産 No,002- 忘れじの自鳴琴(オルゴオル)
『どこから来て/ソルジェンテ』
作曲:青月泰山
製品:神戸オルゴール(六甲オルゴールミュージアム・オリジナルブランド品)
ラベルデザイン:永井健一

手のひらサイズの真白な箱のオルゴールに
永井の絵画《my first picture》をデザインしております。
※画像と実物の若干の色味違いなどはご了承ください。

また、永井直筆ミニドローイングが付きます。
個展に登場して人気だった犀を描く予定です。



また、オルゴオル本体に
青月泰山さんと永井の直筆サインを入れる予定です。

☆オルゴール製作は手作業のため
音色や速度には若干の個体差がございます。
また、直筆イラストレーションカードも手描き一点物の為
必然的に写真の絵とは表情などが変わってきます。
到着まで楽しみにお待ち下さい。



◼︎『CD+オルゴオルセット』¥5,500
※こちらも梱包の都合上、着払いでの発送になります。
ご了承くださいませ。

上記、CDとオルゴオルをセットにしました。
別々に買うよりもお求めやすい値段になっております。

CDについては先に発送いたします。

***

<お申し込み期間>
11/3(木)-11/13(日)

申し込み方法:青月舎ブログをお読みください。詳細に書いていただいております。

*オルゴールは制作に時間がかかるため、
発送は1月中旬以降〜、ご注文数によっては2月頃となります。
お待たせして申し訳ありませんが、なにとぞよろしくお願いいたします。

また、今回の楽曲(Live.ver)をYoutubeにアップしました。
個展会期中に開催した演奏会の模様を編集したものです。
オルゴールも登場します。ぜひ、ご覧ください。

左ききのゴーシュ「どこから来て/ソルジェンテ(Live ver.)」


沢山のお申し込みをお待ちしております*



* * * 永井健一 拝
[PR]
by 9-romitsu | 2016-11-03 20:50 | 展示情報 | Comments(0)

個展終了〜御礼

個展「My first pictures」

遅くなりましたが、

ご来場、ご協力くださった皆様

本当にありがとうございました。

雨が多かったせいで、

会場の中は雨音と青月さんのセロが流れる

心地よい空間となり

ゆっくりと落ち着いてご覧になれたようです。

芳名帳のご感想も、お一方あたりの文章量がいつもより多く

とても嬉しく拝読致しました。

お越し下さった皆様には

こちらがわかる範囲で、お礼状をまたお送りさせていただきます。

個展は外とつながり、

外の果てしなさを知る良い機会です。

今回も終えてから、そう感じました。

数年前から毎回来てくださっている方、

今回初めていらしてくださった方、

たくさんの方と出会い、

背骨のパーツが順々に新しくなっていくような。

ギニョールさんでは3度目になる年一回の個展、

とても貴重な時間を今回も頂戴しました。


来年も見ていただけるように頑張ります。


ありがとうございました。

c0170930_23333061.jpg

《métampsycose》2016




今回の出品作品は、

全てではありませんが、下記サイトに掲載しました。

永井健一作品サイト

* * * NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2016-10-12 23:34 | 展示情報 | Comments(0)

菫色の実験室vol.1

c0170930_0515052.jpg

(※画像作成:霧とリボン様)


企画展のお知らせです。

昨年《ルール・デュ・ポエット》にて

大変お世話になりました

霧とリボン様の企画

《菫色の実験室vol.1〜菫色×不良少年〜》

出品させていただきます。

新作3点を展示していただける予定です。

霧とリボン様ならではの企画、作家の皆様、

大変心躍ります。

そして、今回もDM素晴らしいです。

c0170930_051452.jpg



c0170930_0515348.jpg



c0170930_0525583.jpg


(※上記画像は全て霧とリボン様作成)


11のリトマス紙の菫色が

香り立つように変化し

見事に展示のイントロダクションになっています。

中の薄紙、封筒も素敵です。

封筒は切手の四角と大きさとの相性も考えられていて脱帽です。

さらには、菫色不良少年にちなんだ新しい紅茶も発売になるそうで、要チェックですね。

当然のことながら、出品作家の皆様は素晴らしく、

どのような作品があのお部屋に集まるのか

とても楽しみです。

出品作家のご紹介は霧とリボン様のブログをご覧ください。

僕の新作は、特に実在の物事を扱ったものではありません。

手がかりの少ないまま、ご自由にお楽しみいただけましたら幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[日時]2016.7.9(土)~7.18(月・祝)*火休
[営業時間]13:30〜19:30
[会場]霧とリボン 直営SHOP
 *地図は営業期間のみアップされるそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご期待ください。

* * * NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2016-07-06 02:28 | 展示情報 | Comments(0)
c0170930_1802217.jpg



企画展開始しました。

『夜が夜でありますように』

6/15(水)〜19(日) at CLOSET(吉祥寺)

12:00〜20:00(最終日17:00まで)

出品者(敬称略):

スパン社/nikibbit/新田美佳/遊星商會/Radiostar/永井健一

太陽が眠り、月が世界を冷たく宥める夜。

人々は閉じた瞼に光が触れるのを静かに待ちました。

安らかな夜が訪れ続けることを祈り、

6名の作家が夜に纏わる作品を持ち寄ります。

僕は新作3点、未発表作2点、東京未発表3点+小品

計8点+αを出品しております。

ぜひ、ご覧ください。

寝る前に絵本を読んでもらう子供のように

深まる夜への少しの不安と明日への期待を持ちつつも

夜ならではのいまこの時を楽しむ

そんな懐かしい感覚がする

独特の空間となりました。

僕の在廊は最終日のみとなります。

通いつめたいところですが...残念です。

お待ちしております!

NAIKEN. * * *
[PR]
by 9-romitsu | 2016-06-15 18:00 | 展示情報 | Comments(0)

夜が夜でありますように

東京の吉祥寺で企画展を開催いたします。

『夜が夜でありますように』

6/15(水)〜19(日) at CLOSET(吉祥寺)

出品者(敬称略):

スパン社/nikibbit/新田美佳/遊星商會/Radiostar/永井健一

太陽が眠り、月が世界を冷たく宥める夜。

人々は閉じた瞼に光が触れるのを静かに待ちました。

安らかな夜が訪れ続けることを祈り、

6名の作家が夜に纏わる作品を持ち寄ります。

ご高覧のご準備を是非…*


c0170930_2342681.jpg



NAIKEN. * * *
[PR]
by 9-romitsu | 2016-05-29 23:06 | 展示情報 | Comments(0)

新茶フサフサ展終了〜*

大好評の会期延長を経て、

地元での企画展、新茶フサフサ展が終了しました。

遅くなりましたが、御越しくださった皆様、

ありがとうございました。

そして、素敵な作品をお送りくださった作家の方々と

素晴らしい空間を提供してくださり、

日々作品を見守ってくださった

「いろは」のオーナー様に

心より感謝申し上げます。

設営日、いちファンとして

皆様の作品を心底楽しみに伺い

いろいろ震えながら(危ない)

開封していったのですが、

自分が抱いていた期待を軽く飛び越えて

輝く作品の数々が次々と現れ、

出揃ったときの眺めは本当に感動的でした。

今回は特に自分で決めた「新茶」というテーマが

具体的でありつつも、

とらえどころのないニュアンスを含むものだったので

皆さんの打ち返し方を目の当たりにして、

感動もひとしお、驚愕ともいえるものでした。

そのライナー返球に一瞬で打ちのめされ、

あぁ、作家ってすごいな、と何度もつぶやきました...(危ない)。

そんな素晴らしい作品と、

いろはさんの持つ独特の光、風景、匂いなどの特徴が

見事に掛け合わさり、

約一ヶ月間、六甲に唯一無二の空間が存在いたしました。

神戸ではなかなかお目にかかれない作家さんが

ありえない組み合わせで集った今回の展示は

ある視点では、意義深く奇跡的だったと思います。

そして、何より、

たくさんのご感想を頂戴し、

来てくださった方々が楽しんでいかれる様子を

拝見できたことがとても嬉しかったです。

ここで、会場風景を少しだけ。

c0170930_22322587.jpg



c0170930_22333077.jpg



c0170930_22332691.jpg



c0170930_22332238.jpg



c0170930_22331983.jpg



c0170930_22331639.jpg



c0170930_22331257.jpg



c0170930_2233689.jpg



c0170930_22324164.jpg



c0170930_2256108.jpg



夕方、天井に外山光男さんの映像作品投影を行った日もありました。

素敵だったなぁ。

c0170930_22574196.jpg




また機会があればよいなぁと

思っております。


展示が終わった後も

「おやつとお茶 いろは」さんは

ほっこり営業中です。

六甲にお寄りの際はぜひ。



ありがとうございました。


CORO.(from ニッコロガシセカイキロク)
[PR]
by 9-romitsu | 2016-05-29 22:47 | 展示情報 | Comments(0)

こわかわ少女隊

東京での企画展が本日より始まります。

c0170930_227568.jpg


c0170930_22748100.jpg


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「こわかわ少女隊」

会期:2016年3月5日(土)〜28日(月)
月~金 / 13:00~20:00 土日祝 / 12:00~19:00
*レセプション:5日 19:00〜
会場:parabolica-bis [パラボリカ・ビス]
*入場料:500円(開催中の展覧会共通)必要です。
http://www.yaso-peyotl.com/archives/2015/10/post_913.html

〈参加作家〉
ーひとりは正面をむいてー
今井キラ / 駕籠真太郎 / KYOTARO / 銀河博覧会 / 佐久間友香
SANATORIUM / 日野まき / 山田緑 / 永井健一

ー「SELFY SYNDROME」ー
LIEN/mIRA.

ーJ'ai Baisé Ta Boucheー
[eillie/森川エリー,ぐるぐる, 塩野ひとみ, 蒼々, furfa_Marikoya, Yu-ki, LIEN, Ray’s YuCca, Art & Antiques LECURIO(特別参加店)]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は計6点を出品します。内訳は以下です。
・新作1点+東京未発表作2点
・小品3点

入場料がかかってしまいますが、

これだけの作家さまのボリューム、

僕も今までと違った新作をだすことができましたので

行ってよかったと思っていただけるのではないでしょうか。

ご覧いただけますと幸甚です。

* * * NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2016-03-05 02:27 | 展示情報 | Comments(0)

たからもの

キーボードの冷たさに震えながら文字を打っています。

寒くなったり、ぽかぽかしたり

不安定な気候がつづいておりますが

皆さんはお体大丈夫でしょうか。

僕は咳が長いこと続いております。

大分腹筋が鍛えられているような...。

昨年11月に「ルール・デュ・ポエット」という一大行事を終えてから、

展示向けに…という目的を持たずに描くことが続いておりまして、

なんだか幼い頃の感覚が蘇る感じです。

出来たものに所有欲を感じるというか何というか。

多分、こじんまりと小品を描いてるから、というのもあるのかな。

と言いつつも、

現在の阪急での催事のタイミングと作品の完成のタイミングが重なったので

最近できたいくつかの小品はいま展示中です。

新作が出来るたびに手放したくないなぁと思うのですが、

それを拭い去るにはまた新作を描くのが一番で、

それの繰り返しのような気もします。

はじめのほうに書いた、「懐かしい感覚」は、

このループに改めて気付かせてくれたような。

僕の場合は、それも絵を育てる要素だなぁ、などと感じます。

しばらくはどんどん宝物を増やすつもりで描いていこう。

(…まぁ、手放したくないと思って出しても結構帰ってくることが多いのですけどね(笑)。こればかりはご縁だと思うことにして…。)

さて、今回、阪急うめだスークに出品している作品をいくつかご紹介します。

立体に描いた作品です。

c0170930_22552761.jpg

《a sigh of asterism》

c0170930_2258418.jpg

《the cloud of a frill》

c0170930_230727.jpg

《falling asleep with a fairy tale》

よろしければ、見にいらしてくださいね。


JAMPOT&Guignol「半径1km MCAHI まつり」
会期:1月6日(水)〜 12日(火)
会場:阪急百貨店うめだ本店10階 うめだスーク中央街区

* * * NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2016-01-09 23:03 | 展示情報 | Comments(0)
霧とリボン様企画展《ルール・デュ・ポエット》が幕を閉じました。

敬愛する霧とリボン様の企画による展示会であることに加えて、

同じくその作品を尊敬してやまない佐分利史子様とご一緒でき、

何より、中島淑惠様と玉田優花子様の新訳が収められた霧とリボン様オリジナルオーガニック・ハーブティの発売記念展示会ということで

まさに一大行事...。大変刺激的な期間を過ごすことができました。

会場は霧とリボン様の直営SHOP。

土色の木々と複雑に絡む葉叢を抜けると、菫色の湖が広がる...

制作中に耽っていたヴェルレーヌの詩風景にも似た

そんな光景を思い浮かべながらたどり着いたそこは、

貧弱な想像を容易く吹き消す、美しい空間でした。

霧とリボン様の細やかなプロデュースと佐分利様の御作品の妙。

素晴らしい菫色の空間に漂うことができ、至福のひと時でした。

c0170930_217272.jpg


拙作も丁寧に、素敵に、飾っていただいておりました。

霧とリボンマジックです。

c0170930_2214637.jpg


ルネ・ヴィヴィアン、ポール・ヴェルレーヌの詩から単語をひとつ抜き出して

それに絵を添える《詩片》という小品も作りました。

c0170930_3121010.jpg



c0170930_304622.jpg


その他の出品作に関しては、facebookに一部掲載しております。

よろしければご覧ください↓

永井健一Facebookページ

今回のメイン、霧とリボン様のオリジナル オーガニック・ハーブティ。
c0170930_314115.jpg


商品詳細や展示会場の様子などは

霧とリボン様のブログにてご覧いただけます。

豊かな言葉と別世界を覗くような写真の数々を是非。

ハーブティは通販でもお求めいただける日が来るかと思います。

楽しみにお待ち下さい。



稀有な体験をさせていただいた今企画。

世の中はまだまだ美の原石に満ちていること、

それを見つけ、磨くことのできる方達の素晴らしさ

自分の拾い損ねた石の行方

様々なことを思いました。

かつて存在した二人の詩人のひとことが

巡り巡り

いつかの雨となって

また新しい詩情を生むのだとしたら

果てしない中にあっても

手繰り続けることができる気がする。

そんな気がいたしました。


この企画でご一緒できた皆様と

会場で拙作をご覧下さった皆様

そして、霧とリボン様に、心より感謝申し上げます。


c0170930_4124930.jpg




* * * NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2015-12-11 04:16 | 展示情報 | Comments(0)

天体観測展

ただいま企画展に参加させていただいております。

大阪・中崎町にあるGuignol様とJAMPOT様の合同企画展

「天体観測展」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天体観測展
2015年11.25(水)〜12.25(金)
※イベント詳細は上記展示名をクリックしていただくとご覧いただけます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は新作《十二の言葉》を描き、出品いたしました。

過去形となっているのは

実はこの企画展では原画もその場でお持ち帰りいただけるそうで

ありがたいことに、ご縁があって、もう会場にないとのことです。

画像のみで失礼いたします。

c0170930_192398.jpg


《十二の言葉》は無原罪の御宿りをモチーフに描いた作品です。

ともに出品している小品《星々の行間に実る芳しい言葉たち》とも関連してます。

十二の言葉、とはそういうことでございます...。

小品は上記に加えて《三等星》という額装半立体物を出品中です。

こちらも、その場でお持ち帰りいただけます。

c0170930_1955760.jpg

《三等星》

c0170930_1962358.jpg

《星々の行間に実る芳しい言葉たち》


あと、こちらの天体観測展、天体モチーフを得意とする人気作家さんが大集合!なので

初日から大勢のお客様がいらっしゃって連日ご盛況のようです。

そのため、急激にお品物が減ったとのことで、

急遽、皆様追加を制作されています。

その間をつなぐといいますか...

空間ボリュームを少しでも維持していただくために

僕も追加で原画を納めてまいりました。

新作だと初日に来ていただいた方に失礼ですので

旧作で天体に関連したもの...ということで

2013年に東京吉祥寺のトムズボックス+にておこなった

個展『雨粒をつないだ星座』出品作の

《星乞い》を追納いたしました。

c0170930_19203370.jpg

《星乞い》

関西では六甲のオルゴールミュージアムにて

一度飾っていただいたのみでしょうか。

アクリル絵具をペン先につけて描いた作品です。

上記小品とあわせて、ぜひご覧ください。




ーーーNAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2015-12-01 19:17 | 展示情報 | Comments(0)