NAIKEN.のこぼれ色


by 9-romitsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

下弦の月

ついこの間ですが

上弦の月が綺麗でしたね。


アラビクさんにて企画展「わたしのこのこ」、好評開催中です。

ただ、寂しいことに残り会期が少なくなってまいりました。

僕は新作2点を出品していますが

過日にご紹介した作品と連なる

もう一方の作品を今回ご紹介します。


《暖かい月-下弦-》といいます。

c0170930_2171887.jpg


太陽を見ることのない彼女にとっては、

月が一日の始まりだろうか、と思いながら、

描きました。

二人の関係にも思いを巡らせつつ見ていただくと面白いかもしれません。

会期が終わるまで全作品の全貌を載せることは、あまりしないのですが、

2作とも原画を見ていただいた時に

画像とは違った印象を持たれると思いますので

それを楽しんでいただくためにも

今回掲載してみます。

ぜひ、おこしください。

最終日、夕刻前くらいから在廊予定です。

***NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2015-07-28 00:00 | Comments(0)

僕とわたしとこのこ

企画展「わたしのこのこ」

絶賛開催中です。

初日はお天気の荒れている中、開店前からご来店くださった方もいたと伺いました。

ありがとうございます。

今展示も出品者のかたが素晴らしいので、本当に楽しんでいただけると思います。

上記の素敵な方の中に、僕は含みませんが、

それでも、頑張って描きましたので、ご高覧いただけますと幸甚です。

今回は、「わたしのこのこ」というテーマでした。

少しだけ、制作について描きますと、

このテーマが非常に難しく...、

「わたし」と「このこ」の間に見え隠れする、微妙な主従性や

「わたし」と「このこ」の、お互いに対する情の質感の違いなど...

考えてみると、思ったより複雑に思えてきまして

なかなか手がつかない状況でした。

あれも違う、これも違う。という具合に。

要は自分の中で腑に落ちるかどうかだけなのですが

それがないと、制作が進まないので、

考える日々がひたすら続く、といった具合でした。

そんな中、ふと、以前描いた《早弁》という作品が思い出されました。


c0170930_1452994.jpg



これは、いつか続編を描きたいと思っていたものなのですが、

この絵のなかの二人が自身の考えていた「わたしのこのこ」に

ちょうど、合致しまして、

そうだ、これでいこう!となり、

そこから急いで制作に取り掛かったという流れです。

ギリギリまで制作をしていて、とてもヒヤヒヤしましたが間に合ってよかったです。
(いつもギリギリですけど...。)

よって、今回は《早弁》に続く2枚の連作となりました。

正確には《早弁》も含むと3部作ですね。

(「わたしとこのこ」にあてると《早弁》は少し、関係性が出すぎるので今回は出品を控えました。)

思い入れのあった作品の続編ということで

難しかったですが、現時点での完成と思えるところまで

なんとか持っていくことができたので

上記のような裏話も含め

楽しんでいただけると嬉しいです。


展覧会情報は下記です。

僕の方は20日に行けたらいいなぁと思っております。

よろしくお願いします。

**********************************

「わたしのこのこ」

会期:7月16日(木)〜8月3日(月) 13:30-21:00(水曜定休、日祝は20:00まで)

出品者:(敬称略) 伊藤彰洋、寺田楓、中村キク、西塚em、化甫、永井健一

会場:珈琲舎・書肆アラビク

**********************************

お天気の荒れる日々が続きます。

どうぞ、お気をつけて。

***NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2015-07-17 14:12 | 展示情報 | Comments(0)
楽しみな企画展がはじまります。

先日搬入をしてまいりましたが、

その時に一部だけ出品作を拝見...とても素敵でした。

是非、ご覧ください。

僕は新作を2点出品します。

そのうちの一枚をご紹介。

《暖かい月-上弦-》

c0170930_204167.jpg


画像だとあまり見えないですね...。

原画を見ていただくと印象が大きく変わると思います。

展示情報は下記のように...。

お待ちしております*

**********************************

「わたしのこのこ」

会期:7月16日(木)〜8月3日(月) 13:30-21:00(水曜定休、日祝は20:00まで)

出品者:(敬称略) 伊藤彰洋、寺田楓、中村キク、西塚em、化甫、永井健一

会場:珈琲舎・書肆アラビク

**********************************


*** NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2015-07-15 20:45 | 展示情報 | Comments(0)

illumination

個展「メリーゴーランドに栞をはさむように」が無事終了し、

感謝の気持ちを早く形に変えないと...!と

思っているところなのですが

今回は制作の段階において

お世話になったある力について

どうしても綴っておきたいので、

少し長くなりますが、書きたいと思います。

今展示において自分自身の中で肝となった作品は

「illumination」という作品でした。


c0170930_23233394.jpg



白い背景に文字が入ったこの絵は

普段から興味の対象である、「絵の中の文字」が

自然と自身の絵にも発現して出来上がり、

結果的に今までになかったタイプの作品となりました。

いつもより画面のモチーフ密度は低いものの

白い画面にテンションを張っていく制作は

スリリングで楽しく、なんとか自分の求める画面に

達することができたと思っています。(あくまで現時点の自分の、です。)

これがあらわれたひとつの要因が

制作前に、知人から教えていただいた

素敵なバンド、

PLASTICZOOMS

「illumination」という曲でした。

「僕が好きそうなバンドがある」ということで教えていただいて、

一番はじめに視聴した楽曲なのですが

どこか懐かしさを感じるサウンドと美しいメロディライン、クールなボーカルに一発で虜になりまして。

そこから、即ダウンロード購入(便利な世の中ですね...。)し、

制作中はこの楽曲を含むアルバム「SECRET POSTCARD」を

エンドレスローテーションで流すこととなりました。

音を楽しむ体験を久々に味わいました。

そして、今回の制作中、筆の走りに対して

確実に追い風を吹かせてくださったと思います。

のめり込んだ大きな理由というのが、

上記の好みに加え、こだわりとポピュラリティーの塩梅の美しさで

それが僕の理想と通じる部分があったからです。(←僕が勝手に感じてるだけです笑。)

楽曲を拝聴して、まさに照らす

「illumination」だと感じるやいなや

白く美しい画面が描きたくなったのでした。

それに、実は、以前から

「illumination」という言葉には興味がありました。

「illumination」は、「光」を意味する語を語源にもつ言葉なのですが

それは、「illustration」も同様だからです。

その理由については、まだ勉強不足なのですが

イラストレーションがいわゆる図解として

物事を「明るく照らす」=「わかりやすくする」からだ、

という一般説に加えて

光が関わる理由がまだあるからなのだと思います。

何より、やはり、絵は光ってほしいという望みが

僕には昔から根強くありますので

「illumination」という語が

改めて特別な響きをもって聞こえたのでした。

このような、自身の中での刺激的展開とご縁から

上の絵がタイトルとともに生まれたのでした。

ちなみに、バブーシュカさんで作っていただいた限定メニューの

クリームソーダも「illumination」にしていただいたのですが

こちらは、本当に文字通りキラキラ綺麗でした*→illuminationソーダ



あと、なんと個展初日に

PLASTICZOOMSのShoさんが...


c0170930_231748.jpg



お願いしたら、お越しくださりました...!

なんと、以前から僕の絵を知ってくださっていたらしく、

感動ですね。

本当にありがとうございました...!

PLASTICZOOMSはいま、ドイツに渡り、KAMIKAZEを吹かせ中です。

ご帰国が本当に楽しみです。



* * * NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2015-07-08 23:33 | 絵画 | Comments(0)
個展が終わり、間髪入れず、次の企画展が始まります。

次は関西です。

大阪中崎町にある、素敵な珈琲舎・書肆アラビクさまです。

関西の作家にとっては大変重要な場所...!です。

いつも興味深い企画展示をされていて、

もちろん、僕自身もよく足を運んでいる大好きな場所です。

そのようなアラビクさまで、展示ができるなんて、大変嬉しいご縁。

頑張らねばと思っています。

ご一緒できる作家さまたちも素敵な方ばかりです。

何度かご一緒している中村キクさんや西塚emさんとの再会も楽しみです*


c0170930_1741883.jpg



**********************************

「わたしのこのこ」

会期:7月16日(木)〜8月3日(月) 13:30-21:00(水曜定休、日祝は20:00まで)

出品者:伊藤彰洋、寺田楓、中村キク、西塚em、化甫、永井健一

会場:珈琲舎・書肆アラビク

**********************************

DMご希望の方はメールをいただけましたら、お送りいたします。
(数に限りがございます。)

よろしくおねがいいたします。

***NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2015-07-06 17:41 | 展示情報 | Comments(0)

個展終了しました

東京での2年ぶりの個展
「メリーゴーランドに栞をはさむように」 at バブーシュカ
閉幕いたしました。

とても多くのお客様にご来店いただきました。

心より御礼もうしあげます。

見に来てくださる方がいらっしゃることは

本当にありがたいことです。

始まる前は不安で仕方ありませんでしたので...。

今回、初めてお越しくださった方も多く

バブーシュカという場の持つ魅力を改めて再認識いたしました。

全てはスタッフの方の作り出すチャームなのだと思います。

最終日にはスタッフの方が特別に

限定ソーダの「illumination」特別バージョンを作ってくださいました。

余った材料を混ぜてみた実験作とおっしゃってましたが、

これが、展示作 《小さな夜の音楽》の色合いとよく似ていて

しばらく見惚れてしまいました。

閉幕にぴったりの素晴らしいプレゼントでした。

c0170930_17212247.jpg



今回、作品のことや上京中のことでまだ書きたいことがありますので

また、後日綴りたいと思います。

ご来店くださった皆さま、お気に留めてくださった皆さま

そしてバブーシュカの皆さま

本当にありがとうございました。


***NAIKEN.
[PR]
by 9-romitsu | 2015-07-06 17:23 | 展示情報 | Comments(0)