NAIKEN.のこぼれ色


by 9-romitsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

個展終了〜御礼

個展「My first pictures」

遅くなりましたが、

ご来場、ご協力くださった皆様

本当にありがとうございました。

雨が多かったせいで、

会場の中は雨音と青月さんのセロが流れる

心地よい空間となり

ゆっくりと落ち着いてご覧になれたようです。

芳名帳のご感想も、お一方あたりの文章量がいつもより多く

とても嬉しく拝読致しました。

お越し下さった皆様には

こちらがわかる範囲で、お礼状をまたお送りさせていただきます。

個展は外とつながり、

外の果てしなさを知る良い機会です。

今回も終えてから、そう感じました。

数年前から毎回来てくださっている方、

今回初めていらしてくださった方、

たくさんの方と出会い、

背骨のパーツが順々に新しくなっていくような。

ギニョールさんでは3度目になる年一回の個展、

とても貴重な時間を今回も頂戴しました。


来年も見ていただけるように頑張ります。


ありがとうございました。

c0170930_23333061.jpg

《métampsycose》2016




今回の出品作品は、

全てではありませんが、下記サイトに掲載しました。

永井健一作品サイト

* * * NAIKEN.
[PR]
# by 9-romitsu | 2016-10-12 23:34 | 展示情報 | Comments(0)

御礼〜小さな夜の音楽会

個展『My first pictures』

無事に終了いたしました。

終わってからそのまま、次の展示やお仕事などでバタバタで...

なかなかブログも更新できずでした。

まず、この記事では

演奏会について御礼を述べさせていただきます。

個展企画 左ききのゴーシュ(青月泰山)セロ独奏
「小さな夜の音楽会 - my first pictures - 」 は、

昨年と同様に皆様のおかげで大変素敵な夜となりました。

ありがとうございました。

今回も青月さんから事前に曲目をお知らせいただき

それにあわせて、投影画像を用意しました。

青月さんのセロを弾く姿は

それだけで美しく絵になります。

そして、どれだけ強い画像を作ってもおそらくあの存在感に勝つことはないので

いつも割と自由に楽しみながら作らせていただいてます。

今回のセッションはいかがだったでしょうか。

ライブでしか体感できない空間を楽しんでいただけたなら

これ以上なく嬉しく存じます。

残念ながら、今回はご都合が悪かったりで来れなかった方も

いらっしゃるかと思いますので、

少しだけですが画像を掲載いたします。


c0170930_019508.jpg



c0170930_0182948.jpg



c0170930_0271615.png



c0170930_025194.jpg



c0170930_0341765.jpg


今回も演奏後に少しだけ舞台に呼んでいただいて

お話(というほどのものでもないですが)をさせていただきました。

出来上がった綺麗な空気を昨年同様にグダグダにしてしまって

申し訳なかったです...えぇ。

「 my first pictures 」という言葉を選んだ理由について

ちゃんと触れようと思ったのですが、なんか脱線してしまうのですよね(苦笑)。

補足ではないですが、少しだけこちらにも書きます。

青月さんもご自身のブログで触れてらっしゃいますが

自身の中で活動を続ける理由、さらに言うと絵を描く理由とは

一体なんだろうと最近よく考えることがあります。

生きていく上で特に必要のない絵を描く行為を

これまで続けてきたのはなぜか。

僕は、いつから描き始めたのか

きっかけというのは全く覚えておらず、

気づいた時には毎日描ける場所や紙を探していました。

周りに同い歳の子がいる環境になってからは

絵がちょっと上手い子として認識されていたように思います。
(もちろん、そんなたいしたものではないです)

おそらく、そこからどうもこじらせちゃって、

半ば意地みたいなのもあって、今も続けているというのが

現状なのだとは思うのですが、

果たして、初めての絵(と呼べるようなもの)はどんなだったか、

その源泉を知るために描き進んでいるようにも感じます。

ほとんど白紙状態の幼子が描く

命をこぼしたような線

もう経験を積むことしか手段が残されてない自分は

ますますそのような原始的な力に関心を持つようになりました。

今回は、そういった、絵を描くことへ向かう衝動や

源泉に着目して、作品を描くことにいたしました。

青月さんもちょうど同じ時期に同じようなことを考えていたらしく、

たまたまタイミングよくお互いの思いを話し合うことができたので

個展準備期間中は、なんとなくまだ聴き知らないそのセロの音を流しながら

制作していたような気もします。

届いた新曲「どこから来て/ソルジェンテ」は

想像を越えて良い曲だったので、そこは流石と

惚れ惚れしましたが。

お互いまだまだその源泉をたどる旅の途中ですが

今回の演奏会で一度合流できたことは非常に

有意義で、いろいろなことが前進したような気がしました。

それも、見届けてくださった皆さんあってのことなので

本当に感謝申し上げます。

絵を描くことは、時にはしんどいですが、

世の果てしなさを知ることができ

スリリングで、基本的には楽しいです。

絵を通して会えた方々、得ることができた経験は

自分には勿体ないと感じるものばかりです。

そんな、それぞれに対して、

もっと絵で返していけるようになりたいという気持ちも

積もりに積もっていくばかりで、

さらに、これまでの道中において

絵を描くことで何度も救われたことがあったことから、

それに対する恩返しというわけではありませんが、

頑張れるうちは頑張らないとな、という気持ちも

今回のイベントで新たにいたしました。

これからも関心の続く限り、見ていただけたら幸いです。

個展の感想はまた後日に。

今回の「どこから来て/ソルジェンテ」、および

六甲オルゴールミュージアムのご協力を得て作られたコラボオルゴールは

現在通販準備中です。

また続報をお待ち下さい。



改めまして、

お越し下さった皆様、ご協力くださった皆様、

青月さん、ギニョールとイロリムラの両オーナーへ

ありがとうございました。


* * * NAIKEN.
[PR]
# by 9-romitsu | 2016-10-10 02:22 | Comments(0)

個展開催中

永井健一絵画展「My first pictures」開催中です。

残り5日間となりました。

今回の個展作品を制作するにあたって

見つめていた自分の中の関心ごとは

「衝動」です。

字面や響きから受ける印象では

激しいものを指すように感じますが

必ずしもそうではありません。

渦巻いたり

掠めていったり

こんがらがったり

あるいはゆっくりと立ち上る煙のように

それらは絵の到達点まで誘ってくれます。

今回は、絵を描き上げていく過程で

自分の中で作用しているそれらに

目を向けてみることにしました。



c0170930_22185346.jpg


最後に出品新作をひとつご紹介します。

c0170930_2224357.jpg


《おやすみ星》2016


お気軽にお越しください。

残りの在廊日は10/1(土)と10/2(日)です。

NAIKEN. * * *
[PR]
# by 9-romitsu | 2016-09-26 22:26 | Comments(0)
【永井健一個展 特別企画】

青月泰山(左ききのゴーシュ)セロ独奏会
「小さな夜の音楽会 - my first pictures -」について




c0170930_22112297.jpg





セロ弾き青月泰山氏による独奏会を今年も

個展の特別企画として開催いたします。

2回目となる今回はどのような景色の中を歩くことができるのでしょうか。

前回いらっしゃった方も、まだ青月さんの演奏を生で聴いたことのない方も

関西で聴くことができる機会は非常に少ないので

この貴重な時機を逃さず、是非、お越しください。

ご好評いただいた昨年の演奏会はyoutubeで少しご覧いただけます。






大きいサイズでご覧になりたい方は、

こちらへ。YouTubeへのリンクです。





◎演奏会概要

「小さな夜の音楽会 - my first pictures -」
日 時:2016年10月1日(土) 18:30開場、19:00開始
会 場: イロリムラ内 プチホール 

※当日は演奏会のみのご参加でも、もちろんOKです。

満席のため、ご予約受付は締切りました。ありがとうございました。


************

個展詳細

永井健一個展 「My first pictures」

会期:2016年9月21日(水)~10月1日(日)(※27日は休廊)
時間:12:00-20:00(最終日19時まで)
会場:ニアリーイコールギャラリー


************


◎プロフィール

青月泰山

永井健一

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の個展の新作は

偶然、青月さんと

似たテーマで制作をしていたようです。

会場で体感できるのが僕自身とても楽しみ。

一緒に素敵な時間を過ごしましょう。


***NAIKEN.
[PR]
# by 9-romitsu | 2016-09-26 21:48 | Comments(0)
暑さ厳しい毎日いかがお過ごしでしょうか。

今回は珍しく、グッズの情報です。

オリジナル iPhoneカバーの

購入希望を多くの方から頂戴しましたので

受注生産にて、販売させていただくことにいたしました。

よろしければ、ご検討くださいませ*


◎商品情報 ーーーーーーーーーーーーーーーー

「iPhone手帳型カバー(5/5S/SE)」
価格:3,600円(消費税、送料込)
(※お振込にてお支払いいただきますので、お振込手数料が別途必要です。)

c0170930_21092985.jpg

c0170930_21102267.jpeg

c0170930_21103844.jpeg

c0170930_21105463.jpg



手帳型のiPhoneカバーです。
内側は印刷を施さず、落ち着いた仕様に。
iPhone5/5S/SEに対応しております。

◎受付期間・納期 ーーーーーーーーーーーーーーーー

受付:8月31日(水)21時締め切り

お届け:9月末から随時

◎お申し込み方法 ーーーーーーーーーーーーーーーー

info☆kenichinagai.com(☆→@に変えてください。)
宛に下記内容でメールをお送りください。

・件名:「iPhoneカバー購入希望」

・本文:
*お名前
*お届け先
*お電話番号

ご注文承り後、2〜3日以内にこちらから
お振込先などを記載したお返事のメールを差し上げます。

ネットの不具合やメール受信のご設定によって返信が不着のケースもあります。
その場合、お手数ですが、再度ご連絡いただけますと幸いです。


お申し込みお待ちしております。

NAIKEN.




[PR]
# by 9-romitsu | 2016-08-22 18:46 | Comments(0)

個展情報

今年も昨年同様、大阪中崎町にて個展を開催いたします。


c0170930_21241715.jpg



《My first pictures》

会期:9月21日(水)〜10月2日(日)※27日は休み
時間:12時〜20時※最終日は19時まで
会場:nearly equal gallery

昨年ご好評いただいた、あの方による演奏会も予定しております。

追ってご報告していきます。

お越しいただけると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。


* * * NAIKEN. * * *
[PR]
# by 9-romitsu | 2016-08-19 22:39 | Comments(0)

菫色の実験室vol.1

c0170930_0515052.jpg

(※画像作成:霧とリボン様)


企画展のお知らせです。

昨年《ルール・デュ・ポエット》にて

大変お世話になりました

霧とリボン様の企画

《菫色の実験室vol.1〜菫色×不良少年〜》

出品させていただきます。

新作3点を展示していただける予定です。

霧とリボン様ならではの企画、作家の皆様、

大変心躍ります。

そして、今回もDM素晴らしいです。

c0170930_051452.jpg



c0170930_0515348.jpg



c0170930_0525583.jpg


(※上記画像は全て霧とリボン様作成)


11のリトマス紙の菫色が

香り立つように変化し

見事に展示のイントロダクションになっています。

中の薄紙、封筒も素敵です。

封筒は切手の四角と大きさとの相性も考えられていて脱帽です。

さらには、菫色不良少年にちなんだ新しい紅茶も発売になるそうで、要チェックですね。

当然のことながら、出品作家の皆様は素晴らしく、

どのような作品があのお部屋に集まるのか

とても楽しみです。

出品作家のご紹介は霧とリボン様のブログをご覧ください。

僕の新作は、特に実在の物事を扱ったものではありません。

手がかりの少ないまま、ご自由にお楽しみいただけましたら幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[日時]2016.7.9(土)~7.18(月・祝)*火休
[営業時間]13:30〜19:30
[会場]霧とリボン 直営SHOP
 *地図は営業期間のみアップされるそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご期待ください。

* * * NAIKEN.
[PR]
# by 9-romitsu | 2016-07-06 02:28 | 展示情報 | Comments(0)
c0170930_1802217.jpg



企画展開始しました。

『夜が夜でありますように』

6/15(水)〜19(日) at CLOSET(吉祥寺)

12:00〜20:00(最終日17:00まで)

出品者(敬称略):

スパン社/nikibbit/新田美佳/遊星商會/Radiostar/永井健一

太陽が眠り、月が世界を冷たく宥める夜。

人々は閉じた瞼に光が触れるのを静かに待ちました。

安らかな夜が訪れ続けることを祈り、

6名の作家が夜に纏わる作品を持ち寄ります。

僕は新作3点、未発表作2点、東京未発表3点+小品

計8点+αを出品しております。

ぜひ、ご覧ください。

寝る前に絵本を読んでもらう子供のように

深まる夜への少しの不安と明日への期待を持ちつつも

夜ならではのいまこの時を楽しむ

そんな懐かしい感覚がする

独特の空間となりました。

僕の在廊は最終日のみとなります。

通いつめたいところですが...残念です。

お待ちしております!

NAIKEN. * * *
[PR]
# by 9-romitsu | 2016-06-15 18:00 | 展示情報 | Comments(0)

夜が夜でありますように

東京の吉祥寺で企画展を開催いたします。

『夜が夜でありますように』

6/15(水)〜19(日) at CLOSET(吉祥寺)

出品者(敬称略):

スパン社/nikibbit/新田美佳/遊星商會/Radiostar/永井健一

太陽が眠り、月が世界を冷たく宥める夜。

人々は閉じた瞼に光が触れるのを静かに待ちました。

安らかな夜が訪れ続けることを祈り、

6名の作家が夜に纏わる作品を持ち寄ります。

ご高覧のご準備を是非…*


c0170930_2342681.jpg



NAIKEN. * * *
[PR]
# by 9-romitsu | 2016-05-29 23:06 | 展示情報 | Comments(0)

新茶フサフサ展終了〜*

大好評の会期延長を経て、

地元での企画展、新茶フサフサ展が終了しました。

遅くなりましたが、御越しくださった皆様、

ありがとうございました。

そして、素敵な作品をお送りくださった作家の方々と

素晴らしい空間を提供してくださり、

日々作品を見守ってくださった

「いろは」のオーナー様に

心より感謝申し上げます。

設営日、いちファンとして

皆様の作品を心底楽しみに伺い

いろいろ震えながら(危ない)

開封していったのですが、

自分が抱いていた期待を軽く飛び越えて

輝く作品の数々が次々と現れ、

出揃ったときの眺めは本当に感動的でした。

今回は特に自分で決めた「新茶」というテーマが

具体的でありつつも、

とらえどころのないニュアンスを含むものだったので

皆さんの打ち返し方を目の当たりにして、

感動もひとしお、驚愕ともいえるものでした。

そのライナー返球に一瞬で打ちのめされ、

あぁ、作家ってすごいな、と何度もつぶやきました...(危ない)。

そんな素晴らしい作品と、

いろはさんの持つ独特の光、風景、匂いなどの特徴が

見事に掛け合わさり、

約一ヶ月間、六甲に唯一無二の空間が存在いたしました。

神戸ではなかなかお目にかかれない作家さんが

ありえない組み合わせで集った今回の展示は

ある視点では、意義深く奇跡的だったと思います。

そして、何より、

たくさんのご感想を頂戴し、

来てくださった方々が楽しんでいかれる様子を

拝見できたことがとても嬉しかったです。

ここで、会場風景を少しだけ。

c0170930_22322587.jpg



c0170930_22333077.jpg



c0170930_22332691.jpg



c0170930_22332238.jpg



c0170930_22331983.jpg



c0170930_22331639.jpg



c0170930_22331257.jpg



c0170930_2233689.jpg



c0170930_22324164.jpg



c0170930_2256108.jpg



夕方、天井に外山光男さんの映像作品投影を行った日もありました。

素敵だったなぁ。

c0170930_22574196.jpg




また機会があればよいなぁと

思っております。


展示が終わった後も

「おやつとお茶 いろは」さんは

ほっこり営業中です。

六甲にお寄りの際はぜひ。



ありがとうございました。


CORO.(from ニッコロガシセカイキロク)
[PR]
# by 9-romitsu | 2016-05-29 22:47 | 展示情報 | Comments(0)