人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

《青く、永く》-第2輪-を終えて

青く、永くの第2輪が閉幕しました。


お越し下さった皆様

青月様、あんびる様

お手伝いくださった島村様、金魚様

東京都民教会の牧師様に感謝申し上げます。


第1輪の後、もう一度参加したいというお客様のお声と

行きたかったけど無理だったというお声をたくさん頂戴し、

第2輪を開催できる運びとなりました。


ちょうど、青月さんの毎年のイベント青誕祭が

今回タイミングがあわず開催できなかったことと

自分の個展の終わり時に重なっていたこともあり

よい時機での実施となりました。


本当にありがたく、

御集りいただけて心より嬉しく存じます。


ここからは演奏会について少しだけ



c0170930_01001352.jpeg


前半:青誕祭にかえて

後半:青く、永く guest:あんびるはるか


青月さんの青誕祭ではおなじみの曲から

つい先日の中国でのライブのお話や

それにまつわる曲、即興でのサービス曲まで

とてもファンにとって嬉しい内容でありながら

初めて来られた方も楽しめる曲が忘れずに配されていて

こういうところに青月さんのお人柄が感じられます。


またさらに場数を踏まれて

音が逞しく太ったというか

素人耳ですが、説得力を増した旋律が

皆の感情に触れていくのを感じました。



c0170930_01063498.jpeg



音に包まれ、音に運ばれるという体感


同じ曲なのにいつも見える景色が違うのが

興味深い青月さんのチェロ、

今回は風のない渓谷で聴いている錯覚を。


地の底にも空にも音の波が揺れ伸びていく

孤高の存在感


そこに重なる

以前よりも鋭くなったあんびるさんの声



c0170930_01070110.jpeg



素晴らしいパフォーマンスが

場の空気をひとつに、山頂に運んでいく


後方上部より眺めているとそのように感じられました。



c0170930_01074597.jpeg



お二方ともちゃんと、「ひとり」で、拮抗していたのは

当たり前だけど、やはりすごいことだなと痛感したので

僕はこの前の個展のテーマを改めて考えることになりそうです。

考えてどうにかできることではないけれど、

この、常にどこかに感じる寂しさとは

向き合っていかないといけない。


今回も曲に合わせてパソコンのボタンをクリック、

投影画像を動かしていくという手作業にて

シンクロさせていきました。

曲を聴き込み、どこでどんな音が鳴るか覚えて

操作を練習して臨みましたが、

やはり本番は感情を動かされますので、

事前に叩き込んだタイミングも無視したり、

楽しくお客様と一緒に感動を共有しながら

最後まで操作できました。

ライブはいいですね。



c0170930_01083420.jpeg



大阪ギニョール様での個展で

BGMとして使わせていただいた

「水無月の墓標/フューネラル」を

曲目にいれてくださったので

その曲に関しては個展作品のみで映像を構成しました。


他の曲の映像も全て構成し直し、

新旧混ぜてストーリーを作るようにしてみましたが

こういう見てもらい方は展示ではできないので面白いです。


さて、次はいつになるでしょうか。

1回1回の開催が奇跡の積み重ねで成り立っていることを考えると

なんとも言えないですが、

約束だけでもまた呟けるといいなぁ。


この第2輪の模様をお伝えしたく、

来られた方には別アングルで体験していただきたく

いつものように1曲だけでも

動画をアップしたいなと考えています。


楽しみにお待ちください。



改めて、みなさまへ


本当にありがとうございました。



永井健一





by 9-romitsu | 2019-10-05 01:22 | Comments(0)